航空業界が挑む、新しい挑戦(仮)

2015年より、全日本空輸株式会社様の既存事業(航空事業)のマーケティングサポート。その後、新規事業開発・運用・内製化まで、多岐に渡り継続的にご支援

自社資産を度外視した新成長事業創造

PROJECT 5

ANA AVATAR VISION(アバタープラットフォーム)

サービスデザインパートナーとして、サービス実現と事業化を目指し、「瞬間移動」を実現するプラットフォームの開発領域からマーケティングまでご支援

2016年、ANAとのXPRIZE財団とパートナー契約を締結。次期賞金レーステーマとして、ANAが提案した「ANA AVATAR XPRIZE」がグランプリを獲得したことをきっかけにプロジェクトが展開。視覚・聴覚・触覚などを備えた、自らの分身となるロボット、「アバター」を遠く離れた場所から遠隔操作することによって、感覚や意識を瞬間移動させ、距離やあらゆる制限を超えて、リアルなコミュニケーションや行動を実現することを目指した未来の移動手段。世界No1のプラットフォームとなるべく、サービスの展開を目指す。サービスの本ローンチに向け、現在も開発等のご支援を実行し、2019年10月開催のCEATECでは、ANA独自開発のnewmeをお披露目を予定している。

ご支援範囲

・事業パートナーとしてサービス開発の実行支援
・AVATAR事業に伴うロボティクスプラットフォーム開発から、実証実験サポート、マーケティング支援等、今後中長期に渡った事業を展開

自社資産を活用した新成長事業創造

PROJECT 4

WonderFLY(クラウドファンディングプラットフォーム)

ANA資産を活用したマーケットへの新たな価値提供。エアライン事業を超えた新たな収益源の可能性を探る。戦略設計から運用、支援・売上拡大に向けサポート

テーマに対して”チャレンジャー”がアイデアや技術をエントリーする「CREATIVE AWARD」と、そのアイデアや技術の事業化・製品化を目指す「CROWDFUNDING」、製品化したアイデアを販売する「ONLINE SHOP」から成るプラットフォーム。クラウドファンディングの運用支援に努め、サービスのグロースに貢献。サクセスしたプロダクトを販売する場として、EC機能の提供を開始し、今後はECの運用拡充、売上拡大を目指し、支援を継続中。

ご支援範囲

・「マーケティング」、「システム」、「クリエイティブ」、「オペレーション」を連携させ、一気通貫で実行。現在も収益化に向け、事業支援を継続
・事務局運営、運用・事業戦略の立案から収益化にあたり、必要なスキーム構築と実行を担う

自社既存事業の改善・強化

PROJECT 3

ANA機内の動画制作

ANAにて搭乗・降機時に放映される機内動画の企画、制作

2018年3月より航空機の搭乗・降機時に機内で放映されるビデオの企画、制作を実施。

ご支援範囲

・企画設計
・クリエイティブ制作

自社既存事業の改善・強化

PROJECT 2

ANAグローバルのSNS運用

海外からの認知度向上へ向けた、特別コンテンツの企画・制作

ANAグローバルのFacebookやTwitterアカウントにおける、シーズナル画像や動画等の特別コンテンツの制作や、Instagramの訪日喚起画像の企画、制作を実施。

ご支援範囲

・SNS運用、分析
・クリエイティブ制作
・コンテンツ企画

自社既存事業の改善・強化

PROJECT 1

BLUE WINGプログラム(起業家支援プロジェクト)

グローバルの認知度アップから顧客増加を推進。企業価値の向上に貢献

世界中で活躍するチェンジメーカー(社会起業家)とお客様とANAをつなぐ社会貢献プログラム。BLUE WINGを経由して購入した航空券のうち、航空運賃の1%がチェンジメーカーのフライト代として還元し、起業家支援に繋がる。また、SNSでのシェアやマイルによる支援も可能な仕組み。グローバルでの認知度の向上と、BLUEWINGプログラムのファン化、および顧客の増加推進を目的とし、 企業価値の向上に貢献。2017年度には、「SDGsビジネスアワード2017」において「クロスボーダー賞」を受賞。南カルフォルニア大学教授のケーススタディにも取り上げられた。

ご支援範囲

・サービス設計、開発
・運営体制を構築し、マーケティング企画~開発、事務局運営、運用まで担当
・「ソーシャル・ビジネス」を活用した新たなブランディング支援